美白

美白

紫外線や加齢によってターンオーバーが乱れてできてしまったシミやくすみに美白対策をしましょう
美白効果のある方法で白く透明感のあるお肌を取り戻すには?

美白 化粧水

白く美しい肌でいたいと願うのにいつの間にかシミが出来ていたりソバカスだったり肌がくすんでいたりと、白さから遠のいてしまうのはなぜでしょう?

加齢により肌のターンオーバーが遅れてしまうことや、ニキビ、ケガなどの色素沈着が改善されないまま シミになることもあります。紫外線の影響は意識的に日焼け止めなどでカバーしているつもりでも、女性ホルモンの影響によるシミなども いつの間にかできてしまっていたりします。

出来るだけ白い肌を取り戻したいですよね。 美白化粧品もたくさん販売されていますが、防ぐことが強調されていても すでにできてしまったシミには なかなか効果が出にくいものが多いので半ば諦めてしまいがちです。できてしまったシミにも効果があると言われるサイエンスコスメなどもありますので諦めずに出来る対策に期待しましょう。

美白 美容液

美白を目指した化粧品でお手入れするならできればトータルで揃えて使った方が相乗効果で より美白を目指せると思います。

特に美容液の場合美容成分がそれぞれ違って何を基準に選んでいいのか迷ってしまいますよね。 含まれる成分を考えて自分の肌に合った美容液を探しましょう。

含まれている美白成分が各メーカーによって違います。その成分が独自開発されて特許を取得したものであれば さらに効果的に期待できますね。 そして『医薬部外品』というところに注目してください。

これは【医薬品より効果がないけど、化粧品より効果があるもの】の事で多少なりとも 効果が認められないと付けられない物なので基準にするには分りやすいと思います。

そして有効な成分がどれくらい含まれているのかをパッケージなどの後ろに成分表が記載されていると思いますが 成分が多い物から順に書いてあることが多いので選ぶ場合確認しましょう。

美白 クリーム

化粧水、美容液、と来たら続いては 美白クリームです。 選ぶときは美容液と同じように成分をよく読んで、美白成分の多いものを選びましょう。
そして白くなりたい別に使うといいでしょう。

①くすみを解消し肌全体を明るくしたい。
⇒メラニンの生成を抑える成分『ビタミンC(ビタミンC誘導体)やアルブチン』 の入ったものを選びましょう。

②できてしまったシミを何とかしたい。
⇒ハイドロキノン配合のシミ対策用を選びましょう。

このようにご自分のお肌の状態に応じて選んでみてまずはトライアルセットなどで使用感を確かめてから 選ぶ事が大切ですね。

お試し価格のものがいろいろ出ています。
ぜひご自分のお肌で実感されることをおすすめします。

透明感のある肌へ 米肌澄肌美白

美白 トップへ戻る